低用量ピルの飲み方を教えて!

低用量ピルを手にする女性の中には、添付文書を読んでもよく飲み方が分からない人といった人が数多くいます。
しかし、体内でこの医薬品による避妊効果を十分に発揮させるためには、服用する医薬品に適した飲み方をマスターするのは不可欠です。

低用量ピルを服用するにあたって、まず重要なのは服用開始のタイミングですが、これについては生理初日から服用を開始するのが最適といわれています。
これは、月経初日から服用を開始することでその日から避妊効果が得られるためですが、製品によっては遅くとも生理初日から7日間の間に飲み始めれば十分に避妊効果を得ることができます。
ただし、生理2日目以降に服用を開始した場合は、十分な避妊効果が得られるようになるのは服用を始めてから2週間ほど後となります。
もし、この2週間の中で性行為を行うのであれば、ピル以外の方法を用いて避妊を行いましょう。

低用量ピルの服用方法は、基本的には他の多くの錠剤タイプの医薬品と大きな違いはなく、1日1回1錠ずつ、あらかじめ決めた時間に服用していきます。
ただし、この医薬品が他の種類の医薬品と比較して特徴的なのは、28日間で1サイクルとなっている点です。
低用量ピルでは、開始日から21日間は断続的に服用し、22日目からの7日間は休薬するという流れで1サイクルになっており、4週間を超えて飲み続ける場合はこれを繰り返していきます。
万が一飲み忘れてしまった場合は、本来飲むべき時間からさほど時間が経過していないのであれば気がついた段階ですみやかに服用し、大きく時間が経過してしまっているのであればそのシートを使用して服用するのはやめて、次の生理が来たら新しいシートを取り出して服用をはじめます。

低用量ピルの製品の多くには、1シートが21錠になっているタイプと28錠になっているタイプの2種類があります。
21錠タイプは全てが有効成分が含有されている錠剤ですが、28錠タイプは21錠タイプのものに7錠分の偽薬が加わっています。
飲み方はどちらも一緒で、シートに書かれている番号の順に錠剤を出して服用していきます。
正しく服用を続ければ、服用開始から21日が経過した時点で、21錠タイプは1シート分の錠剤がすべてなくなり、28錠タイプでは7日分の偽薬が残ります。
28錠タイプを手にした人は、22~28日目は偽薬を飲んで、次のサイクルの開始に備えます。
なぜ偽薬入りの28錠タイプが存在するのかというと、飲み忘れが不安になる服用者が少なくないためで、偽薬を入れて28錠とすることで毎日服用する習慣をつけることができます。

↓低用量ピルについて詳しく知りたい方はこちら
トリキュラー 通販
↓避妊や生理痛の軽減に効果
ヤーズ

ページトップへ